ヘッドレス CMS「micro CMS」は直感的で使いやすい。

ヘッドレス CMS「micro CMS」は直感的で使いやすい。

ブログを書く。
ニュースを作成する。
一覧、リストデータを作成する。

Webサイトで簡単に使おうと思うと、WordPress、MovableType、Shopifyなど、思い浮かびます。

WordPress、Shopifyは無料でWebサイトの立ち上げができ誰でもサイト立ち上げができます。
一方で、フロントエンドとバックエンドが密に紐づいているため、「プラグイン」「DB設計」「CMSを利用するメンバーを追加する。」「メンバーごとの権限管理」をするとなると、開発者に依存するところがありました。

その問題を解決したのが「micro CMS」です。
今回は、「micro CMS」とは何か、そして、使い方をご紹介します。

micro CMS とは?


ウォンタ株式会社さんが運営する日本製の「ヘッドレスCMS」プロダクト「micro CMS」のことです。

そもそも「ヘッドレスCMS」という言葉も馴染みがない人が多いと思います。
ヘッドレスなので、フロント、ビューがない。コンテンツを管理する機能のみを提供するもののことを指します。

僕も早速microCMSを使わせていただきましたが、開発速度がかなり上がりました!

メリットもたくさん。

  • フロントエンドはどんな技術でも使用可能
  • DBなどModel開発工数が削減可能
  • micro CMSのAPIを呼び出すだけでコンテンツ取得可能
  • CMSの管理メンバーの権限設定が可能。
  • CMSのスキーマ定義が簡易かつ直感的(いや、ほんとに分かりやすかった)
  • 気持ちが安心になる日本製

デメリットを強いてあげると・・・

  • バックアップが取得できない(micro CMSに依存するので運用側でこまめに実施する必要がある)
  • apiのwriteリクエストに制限がある(プランで回避可能)

開発者心くすぐるプロダクト

編集者も使いやすい日本製ヘッドレスCMSと書いてあり、開発者心をくすぐります笑
導入事例でも、クラウドワークス、コミカミノルタなどの会社が導入しているので、これからの発展もとても期待です✨

micro CMSを使ってみる

実際に micro CMS を使った操作感は動画をご覧ください。

1.アカウントの作成
2.サービス名の入力
3.APIエンドポイント名の入力

これだけでAPIが完成する。とても早い。

作成したAPIはPHPのコードだと、こんな感じでさくっと呼び出せた。

public static function getCmsApi($endpoint) {

$x_api_key = config('app.x_api_key');

$base_url = "https://xxxxxx.microcms.io/api/v1/";
$headers = array("X-API-KEY:".$x_api_key,);
$url = $base_url.$endpoint;

$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $url);

curl_setopt($ch,CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, $headers);
$contents = curl_exec($ch);
curl_close($ch);


return $contents;
}

上記は、Laravelのコードの一部で、バックエンド側から呼び出しているが、
もちろん、フロント側からjavascriptなり何なりで、APIを叩けばデータ取得が可能である。
とても便利。

最後に

APIの作成が直感的に、そして高速に作成できた。
APIを自作したことがある人、そうでない人でも、クリック一つで作成できるので、誰でも使いやすい、と感じる。

フレームワークでいうところのModelを作成しなくていいので、小中規模のシステム構築に向いていると感じた。

逆に大規模で、短期間の大量アクセスにはどれほど耐えられるのか、、、興味があります笑

とにかく簡単に作成できて、そしてコンテンツ管理も非の打ち所がない感じ。
DB設計・運用で苦労することが多いので、これから重宝しそうなサービスです。

イベントがあれば、参加するぞ!



▼体験会申込みはこちら
https://et-college.com/

▼ Youtube
https://www.youtube.com/channel/UClA5t2ldss732P5GsQ2LhnQ?sub_confirmation=1

▼ Instagram(秘書)
https://www.instagram.com/etc_hisho_kimama_insta/

▼ Facebook
https://www.facebook.com/etcollege1110