何か言いたいのに、言葉に詰まる理由を考えてみた

何か言いたいのに、言葉に詰まる理由を考えてみた

こんにちは!年末に向け、掃除にハマっている大井です。

最近、岡田憲治さん著『言葉が足りないとサルになる』を読んでいます。

Amazonで本の詳細を見る

インパクトのあるタイトルですよね。初版が出版されたのは、2010年。私が丁度高校生くらいの頃です。

(まだ読み進めている途中なので、読んでみて自分が今感じていることを記します)

とっても印象的だったのは、言葉を簡略化、省略化することは、自分で自分の首を絞めているのだなと、いうことでした。

普段、自分は、自分の言葉で感情や思いを表現できているかな?どうして、そう思ったのか、言語化していたかな?何かに感動したり、感激したとき「すごい!」「やばい!」「かわいい!」のみで言葉を留め、「何がすごいのか?」「どうすごいのか?」まで、言葉にすることに甘えていたなと正直思いました。

言語化することを面倒に思って、そのままにしていると、いざ意見を言うべきときに言葉が出てこなくなる、とも書いてありました。

言葉を紡ぐことで、伝えられる思いがあり、人とより深いコミュニケーションがとれます。言葉はその人の人生を表す、と聴いたことがあります。「言霊」という言葉があるように、言葉には魂が宿る、とeTcのセミナーでも教えてきていただきました。

自分の発する言葉は自分が一番近くで聴いているからこそ、自分の意見・感情はしっかり言語化し、自分と、相手と、こうして自分の書いた物を読んでくださっている皆様と、しっかりコミュニケーションがとれるよう、言葉を磨いていきます!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼体験会申込みはこちら
https://et-college.com/

▼ Youtube
https://www.youtube.com/channel/UClA5t2ldss732P5GsQ2LhnQ?sub_confirmation=1

▼ Instagram(秘書)
https://www.instagram.com/etc_hisho_kimama_insta/

▼ Facebook
https://www.facebook.com/etcollege1110